« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

関西など。

backon_logo沢山の人にお世話になった関西での1週間が終わり、

ホッとしたのか、風邪が流行ってます。

今日はレコーディングで、メンバーにうつしてしまうのを心配しましたが、

メンバーも風邪でした。

この真冬に、1週間、毎日ライブやって、移動して、、、他いろいろやって、、

疲れもするし、風邪もひきますよね。。(HPにて関西の写真、近日アップ予定、、。)

そんな中で行われた今日のレコーディングでしたが、着々と進んでます。

BACK-ONらしいけど、さらに進化して、新しい一面を見せる、、、そんな楽曲(たち)です。

そのうち、近々、公式発表行いますが、現時点で間違いなく言えるのは「最高」ということです。

みなさん、チェックよろしくお願いします。

それから、今週は久々の高崎と渋谷VUENOSでのライブがあります。

高崎はALL JAPAN GOITHとホイフェスタ、某レンジ事務所の沖縄2バンドとの対バン、沖縄好きとしては、超楽しみです。

渋谷は大阪からDogmaが来ます。圧倒的にクオリティが高く、カッコイイバンド。

(BACK-ONメンバーがよくTシャツ着ているので、気になっている人も多いと思います。)

春の近づきと共にBACK-ONの周辺も騒がしくなってきます!いろいろ見逃さないように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

滋賀

本日は滋賀でのライブ。出番前に和やかに談笑するメンバーたち。pic_0503.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

大阪&神戸

18、19日いい雰囲気の中でライブができる事ができました。Lymram、GUN AND SMOKEありがとう!
写真はリハ後サクッとラジオ出演の図。
明日はお世話になったBAY SIDE JENNYへ最後の出演です。pic_0498.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

梶原一騎

pic_0496.jpg

BACK-ONのKENJI03のブログにプロレス・スーパースター列伝のことが載っていたので

http://blog.goo.ne.jp/kenji03_1984/、自分からも、、、。

写真は「プロレス~」と同じ作者、梶原一騎の名作「空手バカ一代」です。

本当は「タイガーマスク」を載せたかったのですが、人に貸したまま、返ってきてませんので。。。

この梶原さんはマンガ「タイガーマスク」を書き、プロレスラーのタイガーマスクも仕掛けた人です。

「タイガーマスク」には、現実のプロレス技のヒントになったと思われるワザがいくつも登場します。

そして、世間から見捨てられた孤児たちに、報われなくても正しいと思うことを貫く生き方を体を張って教え続け、自ら犠牲となっていくヒーローの物語です。

この美しくも残酷な「タイガーマスク」をはじめ、名作多数な梶原一騎。(「空手バカ一代」も超オモシロイです。)

この場を借りて、拙文にて紹介させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

岐阜放送

岐阜放送にゲスト出演しました。pic_0489.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

レコーディング その2

本人から、撮って!とのリクエストに応えて。pic_0487.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコーディング

午前1時、そろそろヘンなテンションに入ってきました。pic_0486.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

ロード・オブ・ドッグタウン

現在、BACK-ONは次のリリースに向けて、音源制作中。

HPのPHOTOページでその様子をチラリとアップしたので、ぜひ、ご覧ください!

ところで、先日、映画に行きました。「ロード・オブ・ドッグタウン」http://www.sonypictures.jp/movies/lordsofdogtown/site/

、、、1970年代にわずか3年間の間にスケートボード業界に留まらず、あらゆるカルチャーを巻きこんで時代を駆け抜けた伝説の存在「Z-BOYS」の3人、、、

といった映画です。

BACK-ONをサポートしているTRIBALやINDEPENDENTもスケートカルチャーにおいてビッグ・ブランドだったり、彼らが影響を受けているBANDたちも、このカルチャーと深い結びつきから音楽を作っていたり、、

そんなカルチャーの創世記、ひとつの遊びが「カルチャー=文化」へとビッグバンする瞬間を等身大に描いたこの作品(評論風)、、、興味を惹かれる要素が盛りだくさんなこの映画、なんとか最終日に観にいくことができました。

スケートボード・シーンのスピード感、迫力。

そのスピリットやマインド、生き方、、。

業界的な歴史として、、、。

などなど見所満載ですが、そういう視点抜きにしても、フツーに映画として、面白いと思いますよ。

lod

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »